社会

F2戦闘機引き揚げ、2月に事故 山口沖、飛行記録装置も

 山口県・見島沖の日本海に2月、航空自衛隊築城基地(福岡県)所属のF2戦闘機が墜落した事故で、委託を受けた民間業者が機体の大部分やフライトレコーダー(飛行記録装置)を海底から引き揚げたことが15日、関係者への取材で分かった。データの取り出しは可能で解析を進める。

 F2は2月20日午前に墜落し、搭乗していた2人が緊急脱出して救助された。空自は事故原因について、操縦士の操縦ミスの可能性が高いとしている。フライトレコーダーに記録された航跡や高度の記録を分析し、操縦士らの話と照合するなどして詳しく調べる。


(共同通信)