経済

韓国のアシアナ航空を売却へ 資金難で財閥グループ

 【ソウル共同】韓国の財閥、錦湖アシアナグループは15日、傘下で韓国大手2位のアシアナ航空の保有株式について売却を決定したと発表した。同グループは、アシアナ航空株の持ち分33・47%を保有する最大株主。借入金が膨らみ資金難に陥っていた。売却先として韓国の財閥が浮上している。

 同グループは15日、取締役会の議決を経て「アシアナ航空の未来の発展、約1万人の従業員の未来を考え、売却を決定した」と明らかにした。今後、売却手続きを進めるとした。

 韓国メディアは、同航空売却により同グループは「中堅」財閥に転落する見通しだと報じた。


(共同通信)