国際

詐欺グループ、比でも1年活動か タイで逮捕の邦人

 バンコクの空港に到着した捜査員ら=16日(共同)

 【バンコク共同】タイ中部パタヤの特殊詐欺の拠点で逮捕された日本人の男15人のうち、9人がタイ入りする前の同じ時期に、フィリピンに長期滞在していたことが16日、タイ警察の捜査で分かった。警察当局は、男らがフィリピンも拠点にして、約1年間にわたって振り込め詐欺をしていた疑いがあるとみている。

 日本の警察庁や警視庁の捜査員らは16日、タイの首都バンコクに到着した。タイ警察と情報交換し、全容解明を目指す。

 タイ警察の捜査によると、リーダー格の男(23)を含む9人は、最長で2017年11月から約1年間、フィリピンに滞在していた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス