スポーツ

白鵬関、三本締めで処分へ 来週理事会、相撲協会

 コンプライアンス委員会での弁明を終えた横綱白鵬関=16日午後、東京都墨田区の両国国技館

 日本相撲協会のコンプライアンス委員会は16日、東京都墨田区の両国国技館で会合を開き、大相撲春場所千秋楽(3月24日)の優勝インタビューの最後に観客とともに三本締めを行ったことが問題視された横綱白鵬関(34)=本名ムンフバト・ダバジャルガル、モンゴル出身、宮城野部屋=に対し、処分意見を八角理事長(元横綱北勝海)に答申した。

 これにより来週に相撲協会臨時理事会が開かれることになり、白鵬関は処分を受ける可能性が高まった。

 コンプライアンス委は16日に白鵬関や師匠の宮城野親方(元幕内竹葉山)から弁明を聞いた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス