国際

鴻海会長、台湾総統選出馬を表明 野党・国民党公認へ予備選参加

 来年1月の台湾総統選に出馬する考えを表明した鴻海精密工業の郭台銘会長=17日、台北市内の国民党本部(共同)

 【台北共同】シャープの親会社である台湾の鴻海精密工業の郭台銘会長(68)は17日、来年1月の総統選に出馬する考えを表明した。最大野党、国民党の公認候補を決める予備選に参加する。予備選は6月ごろに行われる見通しで、選ばれる可能性は高いとみられる。

 鴻海を世界的企業に成長させた郭氏はカリスマ経営者として知名度が高く、与党、民主進歩党(民進党)は苦戦を強いられる。

 総統選出馬となれば、鴻海の会長職を退くことになり、シャープを含めたグループ企業の経営にも影響が出そうだ。


(共同通信)