芸能・文化

囲碁、高尾紳路が千勝 史上26人目

 高尾紳路九段

 囲碁の高尾紳路九段(42)は18日、第75期本因坊戦予選で大西研也三段(23)に勝ち、公式戦通算千勝(468敗2持碁1無勝負)を達成した。史上26人目。

 高尾九段は勝率6割8分1厘での到達。日本棋院によると、関西棋院所属の結城聡九段(47)の7割2分9厘に続いて史上2位の高勝率で、日本棋院所属棋士では1位となる。

 高尾九段は千葉市出身で、1991年にプロ入りした。名人、本因坊などの獲得実績があり、現在、囲碁ナショナルチームの監督を務めている。


(共同通信)