芸能・文化

差別的表現でテレ朝が謝罪 バラエティー番組で

 テレビ朝日は19日、バラエティー番組「アメトーーク」の2月14日放送分で、大阪府立西成高校と西成地区について事実と異なる内容や差別的な表現があったとして、同番組内で謝罪した。

 番組の公式サイトに掲載された謝罪文によると、2月14日の放送で西成高校に関し「窓がガラス素材でない理由は、割る人が多いから」などと紹介したが「不良生徒の対策だとしたことについては、番組側の確認が足りず事実と異なっていた」という。また西成地区を「行かない方がいい地域」とした差別的な表現があった。

 その上で、生徒や保護者、住民らに「深くおわび申し上げます」と謝罪した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス