国際

ウクライナ大統領選で討論会 喜劇俳優の優位動かず

 19日、ウクライナ・キエフのスタジアムで行われた討論会で議論するポロシェンコ大統領(左)とゼレンスキー氏(AP=共同)

 【キエフ共同】21日のウクライナ大統領選決選投票に向けて選挙戦最終日となった19日、首都キエフのスタジアムで、人気コメディアンのゼレンスキー氏と現職ポロシェンコ大統領の両候補が1時間の討論会を行った。劣勢のポロシェンコ氏が逆転勝利のきっかけをつかめるかどうかが焦点だったが、ゼレンスキー氏に大きな失点はなく、優劣が変わる舞台とはならなかったとみられる。

 会場には両陣営の支持者ら約2万2千人が集まり、周辺を約1万人の警官らが厳重警備。2候補が互いに主張と批判を繰り返す政治ショーの色合いが強かった。


(共同通信)