スポーツ

新大関の貴景勝や高安が申し合い 栃ノ心も、調整ペースアップ

 申し合いをする貴景勝(左)と高安=千葉県柏市

 大相撲の春巡業は20日、千葉県柏市で行われ、新大関貴景勝に大関高安、夏場所(5月12日初日・両国国技館)で大関から関脇に落ちる栃ノ心が3人による申し合いを実施し、調整のペースを上げてきた。

 貴景勝は5勝8敗だった。序盤で持ち味の馬力十分の押しを披露した後、終盤はやや息切れしてつかまる内容が多かった。ただ、ここまで四股などの基本運動が中心で「いい稽古ができた。当たった感覚でパワーが伝わっているのは感じた」と納得の表情だった。

 腰痛から15日に巡業へ合流した高安は7勝6敗。下半身の安定感に欠け、引き技に落ちる場面があった。


(共同通信)