政治

衆院大阪12区補選は維新 都構想へ存在感

 衆院大阪12区補選で初当選を決め、気勢を上げる藤田文武氏(中央)=21日夜、大阪府寝屋川市

 自民党の北川知克元環境副大臣の死去に伴う衆院大阪12区補欠選挙は21日投開票され、日本維新の会の新人藤田文武氏(38)が、自民党新人北川晋平氏(32)=公明推薦=ら3人を破り、初当選を確実にした。日本維新は地元組織の政治団体・大阪維新の会が「大阪都構想」推進を掲げて大阪府知事、大阪市長のダブル選で圧勝した勢いを維持し、本拠地で存在感を示した。

 維新は大阪市を廃止し特別区に再編する都構想の2回目の住民投票実現を目指している。ダブル選に加え、国政選挙でも支持を得られたとして、改めて公明党などに協力を求める考えだ。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス