政治

夕張市長は元市会議長が制す 全国唯一の財政再生団体

 北海道夕張市長選で初当選を確実にし、万歳する厚谷司氏(中央)=21日夜、夕張市

 北海道夕張市長選は21日、無所属新人で元市会議長の厚谷司氏(53)が、無所属新人で元市議の多喜雄基氏(66)を破り、初当選を確実にした。同市は全国唯一の財政再生団体。2011年以来の選挙戦で、投票率は8年前を11・63ポイント下回る71・04%だった。

 厚谷氏は、自民、立憲民主両党の夕張支部が支持。「幸福感のあるまちづくり」を掲げ、7日投開票の道知事選で初当選した鈴木直道前市長(38)の施策継承を主張していた。昨年9月の北海道地震の情報提供が不十分だったとして、防災強化も訴え、一騎打ちを制した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス