政治

野党、補選「政権不満表れた」 参院1人区調整加速へ

 記者団の取材に応じる国民民主党の玉木代表=21日午後、高松市

 立憲民主党など野党は21日、衆院大阪12区、沖縄3区の補欠選挙での自民党候補敗北を受け「安倍政権への不満や不安が結果に表れた」(立民の福山哲郎幹事長)と歓迎した。夏の参院選での共闘構築に向け、改選1人区の候補一本化の行方が今後の焦点となる。5月の大型連休明けから調整を加速させる。

 立民の長妻昭代表代行は党本部で参院選に向け「自民党の失速を感じている。野党共闘を強力に進めたい」と記者団に述べた。福山氏は沖縄3区での野党系候補勝利について記者団に「野党共闘の大きな後押しになる」と説明した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス