日本の石炭火力支援に抗議 米環境団体、恐竜姿で

 ホワイトハウス近くで日本の石炭火力発電支援に抗議する米環境保護団体のメンバーら=26日、米ワシントン(共同)

 【ワシントン共同】「安倍晋三政権は地球温暖化対策に逆行する石炭火力発電への支援をやめるべきだ」。米首都ワシントンで開かれた日米首脳会談に合わせ、米環境保護団体が26日、石炭火力発電を支援する日本に対する抗議活動をホワイトハウス近くで行った。

 メンバーは二酸化炭素(CO2)排出が多い石炭などの化石燃料や時代遅れの政策を意味する恐竜の着ぐるみをまとい、通行人や観光客に向けて声を上げた。

 抗議したのは化石燃料依存からの脱却を訴える団体「オイル・チェンジ・インターナショナル」。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス