経済

日米貿易交渉、早期合意で一致 決着時期は出ずと茂木氏

 【ワシントン共同】茂木敏充経済再生担当相は26日(日本時間27日)、日米首脳会談同席後に記者会見し、貿易交渉について「両首脳が早期に合意を目指すことで一致した」と明らかにした。トランプ米大統領は5月末の来日時の合意に期待感を示したが、茂木氏はこれまでの貿易交渉の中で具体的な時期のめどは「出ていない」と説明した。

 日本側の農産物の関税撤廃や引き下げについては、トランプ氏から日本が限度として設定している環太平洋連携協定(TPP)の水準を超える要求はなかったと強調。交渉が順調に進んでいるとして、トランプ氏ら両首脳が現状を歓迎したと説明した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス