国際

北朝鮮、南北会談1年で対米非難 正恩氏訪ロは「成功」と報道

 【ウラジオストク共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と韓国の文在寅大統領による初会談から1年を迎えた27日、北朝鮮の対韓国窓口機関、祖国平和統一委員会は備忘録を発表した。金氏が南北関係改善を主導したと称賛した上で、米国が韓国を制裁圧力政策の枠内に押しとどめようとしていると非難した。

 一方、北朝鮮国営メディアは27日、金氏がロシア訪問を成功裏に終え、特別列車で同日未明に帰国したと報道。今回の訪ロはロ朝関係の発展に向けた「画期的転換の契機」となると強調した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス