スポーツ

多田修平「タイムより勝負優先」 陸上の織田記念、男子100m

 練習で笑顔を見せる男子100メートルの多田修平=エディオンスタジアム広島

 陸上の織田記念国際で男子100メートルを翌日に控えた27日、2017年世界選手権男子400メートルリレー銅メダリストの多田修平(住友電工)が会場のエディオンスタジアム広島で記者会見し「自己ベスト(10秒07)近くのタイムで走りたいけど、勝負が優先。優勝を目指せるように頑張っていきたい」と意気込んだ。

 今季初戦となった21日の出雲大会は3・4メートルの追い風参考で、10秒22の2位だった。その後の調整に「スピードは徐々に上がってきていると思う」と手応えを口にした。

 アジア選手権男子100メートルで優勝した桐生祥秀(日本生命)は疲労蓄積のため欠場する。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス