社会

皇太子さま、学習院で講演会聴講 即位を目前に控え

 新天皇即位を目前に控えた皇太子さまは27日、東京・目白の学習院創立百周年記念会館を訪れ、故寛仁親王の長女彬子さまの皇室文化に関する基調講演や、シンポジウムを聴かれた。

 彬子さまは講演冒頭で「代替わりの一番忙しい中、来ていただき、ありがたく幸せに思います」と皇太子さまに感謝の言葉を述べた。その後、スクリーンを使い、華やかな皇室文化を紹介した。

 皇太子さまは、休憩をはさみ約3時間、「明治の美術工芸と皇室の果たした役割」と題したシンポジウムなどを客席から見守った。

 皇太子さまと彬子さまは、いずれも学習院大出身で、卒業後に英国オックスフォード大に留学した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス