社会

テントぶつかり男性首骨折、岐阜 高校総体予選のテニス観戦中

 27日午前9時35分ごろ、岐阜市山県北野、「岐阜ファミリーパーク」のテニスコートで、近くに設置されていたテントが強風で飛ばされ、観戦していた愛知県犬山市の無職男性(74)にぶつかった。男性は首の骨を折る重傷。岐阜北署によると、発生当時、全国高校総体の岐阜県予選が開かれていた。

 テントは幅と奥行き各約2・4m、高さ約2・3mでポールはアルミ製。参加高校がコート外に設置していた。強風で飛ばされ、高さ約1・4mのフェンスを越え、立って観戦していた男性に当たった。男性は孫の女子生徒(17)の応援に来ていたという。同署が設置方法に問題がなかったかを詳しく調べる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス