スポーツ

陸上、多田は10秒21で2位 織田記念、男子100m

 男子100メートル決勝 10秒19で優勝した白石黄良々(手前)。左から2人目は2位の多田修平=エディオンスタジアム広島

 陸上の織田記念国際最終日は28日、広島市のエディオンスタジアム広島で行われ、男子100m決勝は追い風1・2mの条件下、多田修平は10秒21で2位だった。白石黄良々が10秒19で優勝した。

 男子110m障害は石川周平が13秒54で制した。同棒高跳びはジャカルタ・アジア大会金メダルの山本聖途が5m61で優勝。同走り幅跳びは城山正太郎が7m93、同三段跳びは山下祐樹が15m78、同やり投げは小椋健司が78m66で勝った。

 女子やり投げは北口榛花が59m75、同砲丸投げは郡菜々佳が16m23で制覇。同100mでは御家瀬緑が11秒54で日本勢トップの2位に入った。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス