スポーツ

バド、桃田と山口が優勝 アジア選手権、男子複も快勝

 男子シングルスで優勝した桃田賢斗=武漢(ゲッティ=共同)

 バドミントンのアジア選手権は28日、中国の武漢で各種目の決勝が行われ、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)は石宇奇(中国)に2―1で逆転勝ちし、2連覇を達成した。女子シングルスの山口茜(再春館製薬所)は何氷嬌(中国)を2―0で下した。

 ダブルスでは男子の遠藤大由、渡辺勇大組(日本ユニシス)がマルクスフェルナルディ・ギデオン、ケビンサンジャヤ・スカムルヨ組(インドネシア)に2―0で快勝。女子の永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)が中国ペアに1―2で敗れた。(共同)


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス