政治

河野氏、関係強化へ改革後押し サウジ外相に伝える

 サウジアラビアのアッサーフ外相(右)と会談する河野外相=28日、リヤド(共同)

 【リヤド共同】河野太郎外相は28日午後(日本時間同)、サウジアラビアのアッサーフ外相と首都リヤドで会談した。日本にとって最大の原油供給国であるサウジとの関係強化に向け、脱石油依存を目指す同国の経済構造改革を後押しする方針を伝える。

 会談で河野氏は、サウジによる原油の安定供給に謝意を示した上で「改革は地域の安定にとっても重要だ」と述べた。両氏は、6月に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合の成功に向けた協力を確認する。サウジは来年のG20議長国。

 河野氏のサウジ訪問は2度目。サウジ経済の多様化を進め、日本企業による市場開拓を進める狙いもある。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス