スポーツ

チェコ代表FWのスラルが事故死 トルコ1部リーグ

 チェコ代表でプレーするヨセフ・スラル=2016年5月、クフシュタイン(AP=共同)

 サッカーのトルコ1部リーグ、アランヤスポルに所属するチェコ代表で28歳のFWヨセフ・スラルが自動車事故に巻き込まれ、29日に死去した。クラブの会長が地元メディアで明かした。アウェーでの試合後に手配した車で帰る途中で、他に負傷した6人の容体は安定しているという。

 事故はアランヤ郊外で発生。スラルは緊急手術を受けた病院で亡くなった。同選手は2013年に代表デビュー。1月にアランヤスポルに加入した。(AP=共同)


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス