スポーツ

eJリーグの決勝ラウンドを開催 J1名古屋代表のミノが初V

 サッカーゲームの腕前を競う「eJリーグ」の表彰で並ぶ、優勝したJ1名古屋代表のミノ選手(右から5人目)ら=29日、東京都内

 Jリーグは29日、東京都内で米エレクトロニック・アーツのサッカーゲームの腕前を各Jクラブを代表した競技者で争う「eJリーグ」の決勝ラウンドを開き、J1名古屋代表のミノ(22)=本名箕浦涼太さん=が初優勝した。

 2度目の開催で今回から優勝賞金は100万円。上位者には国際サッカー連盟(FIFA)が主催するeワールドカップの世界予選出場に必要なポイントが付与される。

 Jリーグの木村正明専務理事は「eスポーツがもっと脚光を浴びるように応援したい。Jリーグにとって平成最後のイベントがeスポーツであったことに時代の流れを感じる」と語った。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス