社会

防犯カメラの配線切断か 悠仁さま中学の刃物事件

 秋篠宮家の長男悠仁さまが通うお茶の水女子大付属中=27日、東京都文京区

 お茶の水女子大付属中で秋篠宮家の長男悠仁さま(12)の机に刃物が置かれた事件で、中学校のある大学敷地内の一部の防犯カメラの配線が切断されていたことが30日、捜査関係者への取材で分かった。

 現場周辺では植木用のはさみも見つかっており、建造物侵入の疑いで逮捕された自称長谷川薫容疑者(56)が自身の姿が写らないよう切断した可能性があるとみて、警視庁捜査1課が調べている。

 長谷川容疑者が、大学の正門以外から敷地内に侵入した疑いが強いことも判明。正門付近の防犯カメラの画像には入ってくる姿がなく、同課が経路を詳しく調べている。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス