経済

サムスン、営業益大幅減 1~3月期、半導体低迷

 ソウルのサムスン電子本社=2017年(共同)

 【ソウル共同】韓国の電機大手、サムスン電子が30日発表した2019年1~3月期決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比60・2%減の6兆2300億ウォン(約6千億円)となった。

 聯合ニュースによると、16年7~9月期以来、2年半ぶりの低い水準。主力の半導体事業の営業利益が64・3%減の4兆1200億ウォンとなったことが響いた。売上高も13・5%減の52兆3900億ウォンだった。

 サムスンは半導体市場で需要が弱まり、在庫調整が続いていることを原因に挙げた。19年下半期にかけて需要増加が予想されるが、不確実な点も残るとしている。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス