スポーツ

バスケ、福岡にB2ライセンス 資金難で降格

 バスケットボール男子のBリーグからB2ライセンス交付を受け、記者会見する福岡の神田康範社長=30日、福岡市

 バスケットボール男子のBリーグは30日、東京都内で臨時理事会を開き、資金繰りが問題となっていた福岡の2019~20年シーズン参戦へ向けたライセンス交付について審議し、B2(2部)の資格付与を決めた。

 今季B1(1部)に昇格した福岡は経営難で降格が決まり、リーグから融資を受けるなどしていた。29日までに1億8千万円を確保することが来季B2参戦の条件となっていたが、福岡の企業などから支援を受けるめどがついた。東京都内で取材に応じた大河正明チェアマンは「地元で商売をしている人を中心に再建していこうというのが確認できた」と説明した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス