経済

ユーロ圏GDP、0・4%増 1~3月、3期ぶり高い増加率

 オフィスビルが建ち並ぶパリのラ・デファンス地区=2017年1月(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】欧州連合(EU)統計局が30日発表したユーロ圏19カ国の2019年1~3月期の実質域内総生産(GDP、季節調整済み)暫定速報値は前期比0・4%増となった。18年4~6月期以来、3四半期ぶりの高い増加率に持ち直した。

 ユーロ圏経済は米中貿易摩擦の影響や英国のEU離脱を巡る先行き不透明感の中で減速していたが、一定の歯止めがかかった形だ。

 1~3月期の実質GDPを公表済みの主要国では、フランスが0・3%増だった。スペインは0・7%増で好調をキープした。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス