経済

米中、関税撤廃巡り詰めの交渉へ 北京で閣僚級協議

 ムニューシン米財務長官、ライトハイザー米通商代表、中国の劉鶴副首相(いずれも新華社=共同)

 【北京共同】米国と中国の両政府は30日、北京で閣僚級による貿易協議を始める。発動済みの追加関税をどの程度撤廃するかなど重要争点について詰めの交渉を行い、貿易摩擦の決着を目指す首脳会談の早期開催につなげたい考えだ。

 北京に到着したムニューシン米財務長官は、宿泊先のホテルで記者団に対し「一連の協議を通じて実質的な進展を得られることを望んでいる」と語った。

 米側はムニューシン氏やライトハイザー通商代表が参加。中国側は劉鶴副首相らが出席する。2日間程度の日程とみられる。来週には劉氏らが訪米し、5月8日からワシントンで協議を継続する予定。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス