国際

ベネズエラで軍の一部蜂起 国会議長がクーデター企て

 30日、ベネズエラの首都カラカスで、支持者に囲まれ演説するグアイド国会議長(ロイター=共同)

 【パナマ市共同】南米ベネズエラで反米左翼マドゥロ政権を糾弾し、暫定大統領就任を宣言しているグアイド国会議長は30日、首都カラカス近郊の空軍基地で軍人らを従えたビデオ声明を発表し「権力の不当な侵害の終焉がきょう始まった」と述べ、国民に蜂起を呼び掛けた。一方、マドゥロ大統領は鎮圧に自信を示しており、クーデターの企てが成功するかは不透明だ。

 グアイド氏は声明で「勇敢な兵士らがわれわれの呼び掛けに応えた」と述べ、軍の一部が支援していると表明。多数の市民がカラカス中心部に集まってデモを行ったほか、一部で衝突や火災も起きた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス