経済

NY株、もみ合い FOMC前に様子見ムード

 【ニューヨーク共同】30日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、前日終値を挟んでもみ合いとなり、午前10時現在は前日比15・23ドル安の2万6539・16ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は44・97ポイント安の8116・88。

 金融政策を決める米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果を見極めたいとして様子見ムードが出ており、方向感に乏しい展開となった。

 週明け29日のダウ平均は小幅に続伸し、前週末比11・06ドル高の2万6554・39ドルで取引を終えた。ナスダックは15・45ポイント高の8161・85と過去最高を更新した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス