経済

アップル、スマホ不振で減収減益 2期連続、iPhone17%減

 アップルのロゴ(ロイター=共同)

 【サンノゼ共同】米アップルが4月30日発表した2019年1~3月期決算は、売上高が前年同期比5%減の580億1500万ドル(約6兆4千億円)、純利益は16%減の115億6100万ドルと2四半期連続の減収減益だった。主力製品のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の販売不振が続いた。

 製品別の売上高は、アイフォーンが17%減の310億5100万ドルと落ち込んだ。アプリ販売や音楽配信といったサービス部門は16%増の114億5千万ドルと、四半期ベースで過去最高を更新。地域別では、中華圏(中国と台湾)が22%減の102億1800万ドルと不振だった。


(共同通信)