経済

5月に新潟でG20農相会合 食料や気候の課題議論

 20カ国・地域(G20)農相会合が11、12日に新潟市で開かれる。6月に大阪市で開催するG20首脳会合に先だって開かれる会合で、世界の食料需要の増加や気候変動への対応といった課題を議論し、解決策を探る。12日には閣僚宣言を発表する。

 会合にはG20メンバーのほかタイやチリ、国連食糧農業機関などの34の国や機関が参加を予定している。

 農業は、世界人口の増加に伴って拡大する食料需要に合わせた生産体制の確立が急務となっている。会合では生産性向上のための最新技術の開発や人材育成、生産環境の変化への対応について参加国の先進的な取り組みを共有、議論する。


(共同通信)