くらし

人文字で「令和」祝う、横浜 大さん橋、ドローンで撮影

 横浜港大さん橋の屋上デッキで、小型無人機ドローンで撮影された「令和」の人文字=1日午後(横浜港大さん橋国際客船ターミナル提供)

 横浜市中区の横浜港大さん橋の屋上デッキで1日、縦約20メートル、横約10メートルの「令和」の人文字が作られた。黄色のエプロンを身に着けた参加者は、上空から写真撮影する小型無人機「ドローン」に向かって笑顔でエプロンを持ち上げ、改元を祝った。

 人文字は2回作り、計約480人が参加。横浜市の会社員有吉幸子さん(69)は「昭和、平成、令和と三つの時代を過ごせてうれしい」と声を弾ませ、一緒に参加した孫の中学生吉見健太郎さん(13)は「新しい時代はわくわくする」と話した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス