芸能・文化

「令和」に向けて抱負 吉田さんらPRイベントで

 イベントに出席した吉田沙保里さん(左)と澤穂希さん=1日、東京都内

 レスリング女子五輪3連覇の吉田沙保里さんと元サッカー女子日本代表の澤穂希さんが、東京都内で開かれた「明治プロビオヨーグルトR―1『令和 お祝いボトル』」のPRイベントに出席し、新時代に向けて抱負を語った。

 平成のスポーツ界をリードしてきた二人は着物姿で登場し、令和元年の目標を漢字一文字で発表。吉田さんは「幸」を掲げ「皆さんも、私自身も、これからも幸せに過ごしたいという思い」と語った。澤さんは「育」とし、「娘ができて、教育や育児という意味を込めて。娘は令和に青春を迎えて、いろんなことを経験して学んでいく。私も子どもに育てられるという意味もあって、この字を選んだ」とほほ笑んだ。

 吉田さんは「レスリング一筋だった」と平成を振り返り「でも、その頑張りが令和につながっていると思う。頑張ってきてよかった」と話し、澤さんは「現役引退、結婚、出産もあったので、特別な時代でしたね」としみじみ。

 報道陣から「令和婚」の予定を問われた吉田さんは「今のところ、全然ない。日付の変更とともに婚姻届を提出したカップルを見て、うらやましいー、と思いましたね」と明かした。「令和のうちには、という感じ?」とさらに聞かれ、「そりゃ、そうでしょ!」と突っ込みで返し、笑いを誘っていた。


(共同通信)