社会

全労連がメーデー式典 「ゆがんだ政治を正せ」

 全労連系の第90回中央メーデーで気勢を上げる参加者=1日午後、東京・代々木公園

 全労連系の第90回中央メーデー式典が1日、東京都渋谷区の代々木公園で開かれ、主催者発表で約2万8千人が参加した。小田川義和議長は、政府が進める働き方改革について「安価な労働力として女性や高齢者、外国人を調達するためのものだ」と批判し、「ゆがんだ政治を正すため力を合わせよう」と訴えた。

 小田川氏は、平成の30年間で平均賃金は低下したにもかかわらず、大企業の内部留保が5倍になったと指摘し、「元号が変われば、富の偏在や賃金低下は解消されるのか」と訴えた。

 共産党の志位和夫委員長は「8時間働けば普通に暮らせる社会を一緒につくりましょう」と呼び掛けた。


(共同通信)