国際

ベネズエラでデモ続く 衝突激化の恐れも

 4月30日、ベネズエラの首都カラカスで炎上するバスの近くを歩く反政府派市民(AP=共同)

 【ハバナ共同】南米ベネズエラで暫定大統領就任を宣言した野党連合出身のグアイド国会議長は1日、前日に引き続き反米左翼マドゥロ政権打倒を目指して支持者らに街頭でのデモを呼び掛けた。多数の負傷者が出た衝突から2日目を迎えたが、軍の大規模な離反は起きておらず、蜂起の行方は不透明なままだ。

 政権側も首都カラカスなどで1日、メーデーの大行進を実施。互いに国民からの支持を誇示しており、衝突は今後、激化する恐れもある。世界有数の産油国は緊迫の度合いを増してきた。

 グアイド氏は4月30日、一部の軍人らを従えたビデオ声明で「自由作戦」と名付けた蜂起を呼び掛けた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス