国際

板門店JSAの一般公開再開 南北往来はお預け

 1日、板門店の共同警備区域で警備に当たる韓国軍(手前)と北朝鮮軍兵士(共同)

 【ソウル共同】南北の軍事境界線がある板門店の共同警備区域(JSA)の韓国側の一般公開が1日、再開され、市民らが昨年4月の南北首脳会談のハイライトとなった場所などを訪れた。ただ、韓国政府が実現を目指していたJSAの北朝鮮側への自由往来は南北と在韓国連軍による協議が継続中で、当面は韓国側のみ訪問できる。

 南北は昨年9月、平壌での首脳会談で軍事分野の合意文書を採択。これに基づきJSAでの地雷除去など非武装化作業を行うため、一般人への公開は昨年秋から一時中断されていた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス