国際

米司法長官の辞任要求 ロシア疑惑で非難拡大

 1日、米上院司法委員会で証言するバー司法長官=米ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】米上院司法委員会が1日開いたロシア疑惑の公聴会で、民主党議員らはバー司法長官がトランプ大統領に有利になるよう捜査報告書の認定事実をねじ曲げたり、議会に虚偽の説明をしたりしたと相次いで非難し、一部議員は辞任すべきだと言及した。バー氏はトランプ氏が疑惑捜査を妨げた司法妨害の疑いは「証拠不十分だ」と重ねて強調し自身の判断を正当化。共和党はバー氏を擁護した。

 民主党内でバー氏は司法長官としての公平性に欠け、姿勢が政権寄りに偏っているとして辞任を求める声が拡大。党内ではバー氏を議会で弾劾すべきか議論されている。


(共同通信)