スポーツ

水球男子、大本監督「勝負の年」 日本代表が合宿公開

 練習で指示を出す水球男子日本代表の大本洋嗣監督=2日、富山市

 水球男子の日本代表が2日、ワールドリーグ(6月・セルビア)や世界選手権(7月・韓国)に向けた富山市での合宿を報道陣に公開し、大本洋嗣監督は「2019年は勝負の年。東京五輪でメダルを取る可能性があると(海外勢に)思わせることが大事」と決意を述べた。

 32年ぶりの出場だったリオデジャネイロ五輪は1勝もできなかったが、昨年のワールドリーグは史上最高の4位と躍進。独特の超攻撃な戦術に磨きをかけており、ベテランのGK棚村は「世界の4強に入ってもおかしくないレベルにある」と自信を口にした。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス