スポーツ

バレーボール、早大などが8強 全日本男女選抜第2日

 バレーボールの全日本男女選抜大会第2日は2日、丸善インテックアリーナ大阪で1次リーグが行われ、男子は早大がVリーグ1部の豊田合成を3―1で破って、2連勝で準々決勝進出を決めた。Vリーグ勢では全日本選手権との2冠を狙うJTや東レ、サントリーなどもベスト8入りした。

 女子は2連覇を目指すJTがPFUを3―2で下し、東レ、NECなどとともに2戦2勝として8強入りを決めた。元日本代表セッターの竹下佳江監督が率いる姫路はデンソーに0―3で敗れて2敗目を喫した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス