経済

日中韓ASEANが共同声明 円や元、金融危機時に融通

 2日、フィジー・ナンディで開かれた日中韓と東南アジア諸国連合の財務相・中央銀行総裁会議(共同)

 【ナンディ(フィジー)共同】日本、中国、韓国と東南アジア諸国連合(ASEAN)は2日、フィジーの観光地ナンディで財務相・中央銀行総裁会議を開き、共同声明を採択した。金融危機時にアジアの多国間で米ドルを融通し合う協定を見直し、円や中国・人民元を加えてドルに偏らない安全網を築くことを検討すると表明。米中貿易摩擦など経済の下振れリスクを注視し「あらゆる保護主義に対抗する」と再確認した。

 1997年の通貨危機から20年余りでアジア経済は急拡大したが、ショックへの弱さも残る。金融協力の強化と域内通貨の国際化に取り組み、持続的な成長を目指す。


(共同通信)