経済

英中銀、19年成長予測引き上げ EU離脱準備で生産増

 【ロンドン共同】英中央銀行イングランド銀行は2日、最新の英国の経済見通しを公表した。2019年の実質国内総生産(GDP)成長率の予測を前年比1・5%とし、2月の前回予想から0・3ポイント引き上げた。1日まで開いた金融政策委員会の結果も発表し、年0・75%の主要政策金利など現行政策の維持を全会一致で決めた。

 成長率引き上げは、当初3月末の予定だった欧州連合(EU)からの離脱が無秩序となって物流が混乱する事態に備え、企業が製品在庫を積み上げるために増産したことなどを反映した。

 米国やユーロ圏の19年1~3月期の成長率が予想ほど悪くなかったことも寄与した。


(共同通信)