芸能・文化

ダビンチ晩年の肖像画確認 英王室所蔵品、公開へ

 英王室コレクションの中から新たに確認された、レオナルド・ダビンチの表情が描かれたとみられる肖像画=4月30日(AP=共同)

 【ロンドン共同】レオナルド・ダビンチ(1452~1519年)の晩年の表情が描かれたとみられるスケッチの肖像画が英王室コレクションの中から確認されたと、管理団体が2日発表した。ロンドンにあるバッキンガム宮殿のギャラリーの特別展で5月24日~10月13日に公開する。

 肖像画には、顔を横の方に向け、物憂げな表情を浮かべる男性が描かれている。両面に習作が描かれた紙に素早い筆致でスケッチされていた。英メディアによると、専門家は「弟子か友人が画廊の中で紙を拾って描いたのではないか」と話している。

 別の肖像画と、特徴が似ており、管理団体の専門家がダビンチと判断した。


(共同通信)