経済

NY株続落、122ドル安 米利下げ観測後退で

 2日のニューヨーク証券取引所(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】2日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比122・35ドル安の2万6307・79ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は12・87ポイント安の8036・77。

 米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が1日の記者会見で早期の利下げに慎重な姿勢を示した。景気下支えのために利下げに向かうとの観測が後退し、前日に続いて売りが優勢となった。

 朝方発表した四半期決算の内容が市場予想を下回った化学のダウが急落したほか、原油安による収益悪化が意識された石油のエクソンモービルなども下落し、相場の重しとなった。


(共同通信)