スポーツ

FIFA、女子W杯のVAR発表 フランス大会、重大誤審を防ぐ

 国際サッカー連盟(FIFA)は2日、女子ワールドカップ(W杯)フランス大会(6月7日開幕)でビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を務める男女15人を発表した。昨年行われたW杯ロシア大会で初採用され、女子W杯も今大会が初となる。日本人は含まれていない。

 VARはゴールや一発退場など、試合の結果を左右する重大誤審を防ぐのが目的。選出された15人中10人は昨年のW杯を担当した。(共同)


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス