政治

改憲、自衛隊明記で賛否 NHK番組で与野党議論

 与野党幹部は憲法記念日の3日、NHK番組で憲法改正を巡り議論した。自民党の下村博文憲法改正推進本部長は憲法9条への自衛隊明記など4項目の党改憲案に理解を求め、「違憲論争に終止符を打つ。歴史的決着をつける」と述べた。

 公明党の北側一雄憲法調査会長は「違憲論を払拭したいとの理由は理解できない」とした。

 立憲民主党の山花郁夫憲法調査会長は、自衛隊明記で憲法解釈は変わると反対。国民民主党の玉木雄一郎代表は「自衛権の範囲が無限に広がりかねない」と警戒した。共産党の小池晃書記局長は「海外で戦争できる国になる」とし、社民党の照屋寛徳国対委員長は「断固反対」を訴えた。


(共同通信)