くらし

ジャンボこいのぼり、埼玉・加須 全長100m、重さ330kg

 クレーンでつり上げられて泳ぎだす、全長100メートルの「ジャンボこいのぼり」=3日午後、埼玉県加須市の利根川河川敷(共同通信社ヘリから)

 こいのぼりの産地として知られる埼玉県加須市の利根川河川敷で3日、全長100メートル、重さ330キロの「ジャンボこいのぼり」が青空を泳ぎ、約12万人が楽しんだ。

 1回目の挑戦では口の輪が破損。部品を交換して臨んだ2回目で、ピンクや青に彩られた巨大なこいのぼりがようやく宙に浮くと、待ちかねた観客から歓声が上がった。

 ジャンボこいのぼりは町おこしの一環で1988年に始まり、現在は4代目。デザインは加須市のこいのぼり職人が手がけた。

 千葉県柏市の中学1年高塚陽向さん(12)は「1回目に口が壊れて心配したけど、2回目で上がって良かった」と、うれしそうに話した。


(共同通信)