国際

北朝鮮、数百万人に飢餓迫る 深刻な食料不足とWFP

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が新年の辞で示した課題貫徹を促すポスター。「主力を注ぐべき農業部門が増産闘争を力強く繰り広げよう!」と書かれている(朝鮮通信=共同)

 【ジュネーブ共同】国連機関の世界食糧計画(WFP)は3日、北朝鮮の2018年の農業生産が過去10年で最低となり、深刻な食料不足から数百万人に飢餓状態が迫っていると発表した。約1010万人が十分な食料を得られておらず、国際支援が必要だとしている。

 WFPは国連食糧農業機関(FAO)と共同で3月末から4月中旬まで北朝鮮で現地調査を実施。これに基づき公表した緊急報告によると、北朝鮮の18年の農業生産は約490万トンで、136万トンが不足している。19年春収穫の小麦などの生産見込みも良くないという。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス