経済

米、副大統領も利下げを要求 雇用良好もFRBに圧力

 ペンス米副大統領

 【ワシントン共同】ペンス米副大統領は3日、米CNBCテレビで、米連邦準備制度理事会(FRB)は「利下げを考えるべき時かもしれない。米国ではインフレは起きていない」と述べ、政策金利引き下げを促した。

 トランプ大統領はFRBに金融緩和を繰り返し要求。4月の雇用統計は失業率が49年ぶりの低水準となるなど良い内容だったが、政権として今後も圧力をかけ続ける構えを示した。

 またペンス氏は、FRB理事の人事に関して「大統領は新鮮なアイデアをFRBに持ち込みたいと考えている」と語り、金融緩和に積極的な人物の起用を引き続き検討する方針を示した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス