国際

捜査報告書全面開示、6日までに 米下院委員長、司法長官に圧力

 【ワシントン共同】ナドラー米下院司法委員長(民主党)は3日、バー司法長官に書簡を送り、ロシア疑惑の捜査報告書を6日までに議会に全面開示するよう求めた。同委は1日までの全面開示を求める召喚状を出していたが、バー氏は応じなかった。ナドラー氏は書簡で「根拠なく召喚状の拒否を続ければ、議会侮辱を問う手続きを始める」と圧力を加えた。

 司法省は4月、公表に適さないと判断した部分を黒塗りにして報告書を公表。民主党はトランプ大統領に不都合な情報が伏せられている可能性があると疑っている。

 ナドラー氏は書簡に「司法省と現実的な調整をする用意がある」とも記した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス